中国語を学習する際、発音チェックはネイティブ(語学教室ではとかくもてはやされますね)にしてもらった方がいいのでしょうか? 語学の学習では、自分では正しく発音しているつもりでも、実際には間違っていて伝わらないという事も多いでしょう。 中国の方と中国語で話すことを目標にしているのであれば、やっぱり中国語(作文や感想文などの宿題が出されて困ったことのある人も少なくないはずです)ネイティブの方に発音のチェックをしてもらった方がいいかもしれません。 ただし、日本語や英語にも訛りがあるように、中国語(国語だけは苦手という人も少なくないようです)にも訛りがあるでしょう。 中国語ネイティブの方ならどんな方でもいいと言う訳ではなく、標準的な発音の方にチェックしてもらう必要があるのです。 そう考えると、ネットなどで中国語を話せる知り合いをみつけるよりも、費用はかかっても中国語(得意な人は得意、苦手な人は何をどうすれねいいのかもわからないという教科でしょう)の講師(学校だけでなく、塾やカルチャーセンターなどで講義を行う人も講師と呼ねれます)にお願いする方がいいかもしれません。 また、私達が日本語ネイティブだからといって、日本語の発音の仕方を指導できるとは限らないように、中国語ネイティブの講師(有名な人の場合、講義の内容について本にまとめて出版していることもあります)だからと言って、正しい発音の仕方を分かり易く指導出来るとは限らないでしょう。 発音のチェックは中国語ネイティブの講師に、正しい発音の仕方は中国語ネイティブ(生まれ育った地域によっては、訛りがあったりもします)ではない講師にお願いするのが理想ですー